次世代コミュニケーションツール、教えてください。本気で。

Blogとか、DeliciousとかEvernoteとかFacebookとかTwitterとかTumblrとか、色々ソーシャルツールが出ているけれど、こんなサービスはありますかね?あったら教えて欲しいです。本気で。

Posterousというサービスで遊びながら、ふと考え込みました。Posterousって、メールというプライベートコミュニケーションツールが、ブログポストというパブリックコミュニケーションに変換されてるんですよね。

「じゃあ、プライベートもパブリックも全部まとめたコミュニケーションツールってないんだろうか」。

  • 自サーバにホストできる
  • メールのようなメッセージのやりとりはサーバのクローズドスペースで
  • パブリックな発信はサーバのパブリックスペースで
  • 友達でも、知らない人でも、とりあえず最初のアクセスはパブリックスペースで

ちょっとわかりにくいですよね、すんません。

プライベートのやりとりで今メインのメールは、メールアドレスを交換して初めて、僕に連絡を取るにはどこに送ればいいかがわかるわけですよね。それとは別物でパブリックに発信する情報は、ウェブ上でpostして発信し見たい人は見てください、となってるわけです。

ぼくも、メールは個人用に二つと仕事用に5つ、ブログは2つ、ソーシャル系は5個くらい登録してます。でもそれだと、ソーシャルコミュニケーションとプライベートコミュニケーションの間の壁が広がるばかりで、全然埋まってない気がするんです。それにソーシャルな場も増えてるから、どうも自分で管理できなくなりつつある。自分で発信する情報はすべてパブリックもプライベートもサーバにまとめたいんですよ。 

自分がするやりとりはそのサーバとだけにする。だけど、どこかのサービスプロバイダ(Googleとか、Twitterとか)を介したくはない。だから、自分でメッセージングセンター(以下MSにします)みたいなサーバを持っていたい。それがまず、一番目のリクエストです。

メッセージのやりとりはクローズドにしたい。今メールに書いているようなプライベートなこともやり取りできるようにしたいから、各コンタクトごとのやりとりはハブみたいになって、それぞれのタイムラインでまとまっている。もちろん各コンタクトは他のコンタクトと僕のタイムラインを見ることはできません。メールの交換は、自分のサーバのアドレスを教えて、いわゆる『Follow』の関係にするわけです。ブログのコメントやTwitterのTimeLineだと、みんなに見えちゃうからナイショのはなしはできないんですよね。

でもそのMSにはパブリックなサイドもあるので、僕はパブリックの設定で情報をポストすると、MSサーバのパブリック部が更新されると。各自は所属するソーシャルグループがあるので(たとえばFacebookとかMyspaceとかTwitterとか)、設定に従って所属するソーシャルの大元には更新情報がアップされ、それぞれのソーシャル元サーバはタイムライン上にそれをリンクしてうめこむ。あくまで実体はそれぞれのMSサーバにあるのですが、ソーシャル元はそれをリンクして読み込むだけです。他の人のパブリックな繋がりは、MSサーバからの触手みたいな感じになってる。

パブリックの情報を見て個人的に連絡を取りたいと思う人がいるでしょうから、そのひとは先ほどのFollowのような感じで、プライベートの連絡を出来る関係に移行できます。  そうすれば、今やっているように、プライベートな情報を貯まったメールからさがして、パブリックな内容はそれぞれのソーシャルサービスから探してくるみたいな手間が省けると思うんですよね。情報は全部一箇所にあるわけですから。名刺にもブログアドレスやメールアドレスやtwitterアカウントを書く必要もないです。

そういうのないかな。それとも自分の発信したものが一人歩きするのが怖いのは、もう世代として一歩後退しているってことなのかな。

もうEmailではできない

ここ2,3日15度をこえる気温のNYです。はるですねー、もう。  きょうは 1st webdesigner から 15+ Amazing Project Management and Collaboration Tools をご紹介です。

もうemailではブロジェクト管理というのはちょっと現実的じゃなくなってきていますよね。毎回誰に送るのか考えなきゃいけないし、新しいメンバーがプロジェクトに入ったら今までのメールをさかのぼって送らなきゃいけない。それに行き違いもありますね。完成したものをとっくの昔に送っているのに、「これってもうできた?」って聞かれて、両者はてなモードになったり。しかも後で見てみたらしっかりJunkメールフォルダに入ってたり(苦笑

そんなめんどくさいことはもういやだ、という識者の方々(笑)がいろいろ便利なものを作ってくれています。その一覧が今日紹介したページです。独断と偏見、プラス雰囲気で僕が気に入ったものをピックアップしますね。

  • Teambox: フリーなのがいいですね。OpenSourceということなので結構将来性がありそう。ビデオツアーもわかりやすい
  • Basecamp: 老舗に分類されると思います。有料ですがインターフェースがいいですね。
  • activeCollab: とくに真新しいフィーチャーがあるわけではないですが、inovicingもできるみたいだから総合力がありそうです
  • Remember The Milk: これも昔からありますね。他のツールとの連携が強いです。

で、このリストに入ってなかったけど、個人メモ的に残しておきたいツールもリストアップ。

  • Google Wave: 最初リリースされたときにはコンセプトがさっぱりわかりませんでした。そもそも、すべてがWave内だけで行われるので、外部に出すなどの柔軟性がないんですよね。それがあまり広がらない原因じゃないかと思うのですが、でもメールとかを廃してコミュニケーションを図るっていうコンセプトはうまく完結していると思います
  • Redmine: OpenSourceのタスク管理ツールです。Apacheに自分でインストールして使うのですが、結構無骨な感じが好き。僕自身Tracのインストールでさんざんやられ、redmineに乗り換えた組です。新しいフィーチャーがどんどんリリースされる感じではありませんが、個人的にお客さんとの連絡にこれを使っています

こう見てみるといろいろありますね。しかもほとんどのツールはモバイルでも使うことができるようです。Teamboxとかは試してみたいツールです。というか、試せるようなプロジェクトの仕事をくれ。

便利だなーと思う反面、正直これじゃいつでも仕事に縛られるなとも感じたり。タスク管理ツールに自分の生活も管理されないように、まずは自分の管理から、ということですかね。はい、お後がよろしいようで。